元気情報!

元気情報!

空腹力で血液をきれいに!高血圧を改善!

高血圧状態が日常的に長く続く「高血圧症」は非常に身近な生活習慣病! ★日本人の3人に1人が高血圧症! 血圧=「心臓から送り出された血液が、動脈を通るときにかかる圧力」「血液が、動脈の壁を押す力」のことです!
元気情報!

❤空腹こそが、がんのさまざまな原因を取り除いてくれる!

★まとまった空腹の時間を作ることは、がんの予防にも大きく役立つ! ★空腹は、肝臓がんの原因となる、脂肪肝の改善にも効果的! ★食べ過ぎによって胃腸の機能低下で、腸内に、がんの原因ともなる有害物質がたまりやすくなり、腸内環境が悪化すれば、免疫力も落ちてしまう! ★酵素で空腹の時間を作り、胃腸がよく働くようになれば、有害物質の発生が抑えられ、免疫力が活発化し、がん細胞を除去されやすくなる! ★空腹でオートファジーが働くと、がん細胞を発生させる原因の一つである、活性酸素の働きが抑制される! ★活性酸素の多くはミトコンドリアで作られます!
元気情報!

オートファジーによる細胞の修復が発がんリスクを下げる!

★空腹の時間を作ることが、なぜがんの予防につながるかというと「脂肪を減らし、肥満を解消する」から! ★がんと糖尿病、がんと脂肪には、密接な関係がある! ★糖尿病になったり、肥満になったりすると、がんになるリスクが上がってしまう! ★糖尿病・肥満が、がんになるリスクを高めるのは内臓脂肪! ★内臓脂肪には、インスリンに対する体の反応を低下させる働きがある! ★内臓脂肪が多い人は、少ない人に比べて血糖値が下がりにくい! ★糖尿病の人もインスリンの効き目が悪くなる! ★体は、血糖値を下げるため、より多くのインスリンを分泌しようと頑張ってしまい、結果として、体内のインスリン濃度が高くなる!
元気情報!

空腹力で、がんの原因を取り除く!

空腹はがんのリスクを遠ざける!日本人の2人に1人は、一生のうちに一度はがんになり、3人に1人はがんで亡くなっている。体は60兆の細胞からできている!細胞は日々、分裂を繰り返し生まれ変わっており、細胞が分裂する際には、遺伝子(DNA)が持つ情...
元気情報!

糖尿病はもはや日本人の国民病!

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気で「1型」と「2型」がある! ★食べ物から糖質を摂り、血糖値が高くなると、すい臓からインスリンが分泌される! ★血液中の糖質は、一部は脳や筋肉、内臓が働く際のエネルギーとして使われる! ★余った分のインスリンの働きにより、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして、そして脂肪細胞に中性脂肪として貯蔵される。それによって血糖値が下がる!
元気情報!

肝臓は胃腸以上にダメージを受けている!

★糖質過多は、内臓にもいろんなダメージを与えるが、なかでも、強く影響を受ける臓器は肝臓!? ★摂取した糖質のうち余分なものは、インスリンの働きにより、肝臓で中性脂肪に作り替えられ、貯蔵される!
元気情報!

食後、血液中のブドウ糖が増えると、血糖値を下げるため、すい臓からインスリンが分泌される。

糖質から生まれるブドウ糖は、血糖値を大きく上昇させるため、すい臓はより多くのインスリンを分泌しなければならない!
元気情報!

白米やパン、加工食品が現代日本人の体のダメージを与えている!

※丼物や麺類、パンなどで食事をすませることが多いが、その後すぐに眠くなったりイライラしたりしてしまう! ※食事をしたばかりなのに、またすぐにお腹が空いてしまう! ※常にだるく、やる気が出ない!
元気情報!

オートファジー

★空腹の時間を作ると、「ケトン体」という代謝産物が増加すると言われている! ★ケトン体とは、体内の中性脂肪や筋肉が分解されて生み出されるエネルギー源! ★ケトン体には活性酸素や炎症から神経細胞を保護してくれる作用がある! ★ケトン体も、空腹によって得られるメリットの一つ!
元気情報!

内臓脂肪や血管障害は、がんや糖尿病、動脈硬化、心疾患や脳血管障害といった生活習慣病の原因の一つですが、空腹の時間を作るリスクを、かなり減らせる!

★オートファジーとは、細胞内の古くなったタンパク質が除去され、新しいものに作り変えられるという仕組み! オートファジーには、がんや、糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や、肌や筋肉などの老化防止の効果!